browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

誰しも眼精疲労が起こるのか?

近年ではインターネットが普及したことで画面と向き合う人々が増えていることが容易に想像できます。

実はこの便利な世の中に必要なインターネットが、眼精疲労という一種の病気のような状態を引き起こしてしまうことが分かってきたのでそのことについて触れていきます。

そもそもなぜ疲労するのでしょうか?

人間は欲望の赴くままに生きているといっても過言ではありませんが、その欲望を満たした時に安堵感から、気持ちよくなったりしませんか?

この時に副交感神経が働いて眠るという指示を脳が出します。

この時に疲労のピークが迫っているといっても過言ではないでしょう。

つまり、生きるためには生きるという要望や本能のために、疲労するという不可逆なものを背負ったのでしょう。

つまり、その欲望の満たしたいという願望が目にある場合に眼精疲労が起こる可能性があるのです。

特に、パソコンが普及した近年では24時間、インターネットを介して色んなサイトを楽しむことができ、眼精疲労が起こる理由の一つになっていることになってそうです。

少し述べましたが、生きるためには疲労するということが不可欠なのです。

むしろ、ストレスがなくなってしまったら生きてないも同然ではないでしょうか?

話は変わりますが、筆者もパソコンに向かって作業をしたり、自分なりに確認・点検するという習慣があります。

私のようにパソコンに関わる人は、目をよく使うので眼精疲労を知らない内に起こしてしまっているのかもしれません。

因みに、眼精疲労といってもテレビの観過ぎということで目と画面との距離が近くなり、その結果として眼精疲労を起こしてしまうというケースもあるのではないのでしょうか?

この2点に共通していることは近くで画面を観るという、目を集中させてその結果、緊張してしまうためにバランス交換が上手く出来なくなっているためであると筆者は思考しました。

さて、こちらのリンクには眼精疲労が起こってしまう原因とその予防法について調べたものになります。

眼精疲労の予防法を見る

疲労は人生につきものですから一概に悪いものであると結論するのは間違いかもしれませんが。


© 2016 慢性的に起こるつらい眼精疲労